東大阪市瓢箪山の歯科・歯医者 医療法人 山林歯科医院の矯正サイト|厚生労働省指定臨床研修施設機関|かかりつけ歯科医療機能強化型歯科診療所

東大阪市瓢箪山の歯科・歯医者 山林歯科医院の矯正サイト

矯正装置の種類
DEVICE TYPE

DEVICE TYPE

矯正装置の種類

矯正装置の種類

歯列矯正の装置にはいくつかの種類があり、歯の表側に装置をつける「表側矯正」や
一部だけを矯正する「部分矯正」、マウスピース矯正などがあります。
特に最近はマウスピース矯正の人気が高く

目立たない

取り外しが自由

と言う理由からニーズも高まっている治療方法です。

取り外し可能な矯正装置

REMOVABLE EQUIPMENTS

TYPE1

インビザライン/マウスピース矯正

マウスピース矯正の中でも最近は大変人気のある
ブランドで、3Dシュミレーションシステム等を使い、
治療過程をリアルに再現し事前に確認することが可能です。

インビザライン/マウスピース矯正 詳しく見る
TYPE2

拡大床装置

床矯正とは、取り外し可能な装置の1つです。主にプレートを使って顎を広げ、歯を頬側に拡大するための装置で頰側に歯を移動させることで歯列を整えるスペースを作ることが可能です。抜歯をせずに矯正治療ができる可能性が広がり、一般的なワイヤー矯正に比べて費用が安いことが特徴です。

拡大床装置
TYPE3

リップバンパー

唇による圧力が強く、前歯の歯並びが悪くなってしまう症例に適応できます。唇からの圧力を専用のバンパーによって抑えることで歯並びが悪くなるのを防ぎます。また、リップバンパーは奥歯を奥の方へと移動させる作用があり、前方にスペースが生まれることで歯列を整える効果が期待できます。リップバンパーは主に下顎に装着します。

リップバンパー

ワイヤー矯正

WIRE TYPE

表側矯正

クリア装置・審美装置・メタル装置などがあり、
予算や患者様の要望により決定します。

表側矯正
詳しく見る

ワイヤー矯正×マウスピース矯正

COMBINATION

コンビネーション矯正

ワイヤー矯正装置とマウスピース矯正装置を使い、
歯を部分的に移動させ歯並びを改善する治療方法です。

コンビネーション矯正
詳しく見る
無料カウンセリングお申し込み
  1. ホーム
  2. 矯正装置の種類