東大阪市瓢箪山の歯科・歯医者 山林歯科医院の矯正サイト|厚生労働省指定臨床研修施設機関|かかりつけ歯科医療機能強化型歯科診療所

東大阪市瓢箪山の歯科・歯医者 山林歯科医院の矯正サイト

インビザライン/マウスピース矯正
INVISALIGN/MOUTHPIECE

INVISALIGN/MOUTHPIECE

インビザライン/マウスピース矯正

当院のインビザライン/
マウスピース矯正

マウスピース矯正は、患者様にとって歯の形に合わせたマウスピース型の矯正装置を使用し、矯正治療を行うものです。
従来のワイヤー矯正装置と違い、歯に固定を行わないので自由に取り外しができ、食事も通常通りに行うことが可能です。
また、歯磨きも通常通り行えますので虫歯や歯周病のリスクも軽減することができます。
また、見た目も目立ちにくいため近年ではニーズが高まっている矯正装置です。

当院のインビザライン/マウスピース矯正 当院のインビザライン/マウスピース矯正

インビザラインと他のマウスピース矯正の違いについて

COMPARE INVISALIGN AND MOUTHPIECE

インビザラインはマウスピース矯正の中でも近年注目を集めるブランドで、全世界の臨床データをもとに高度な治療設計を作成することができます。
歯型の採取は最初の1回のみ行い、通常約2ヶ月に1度の通院で治療を進めていくので
お忙しい方や遠方から御来院される方でも無理なく矯正治療を行うことができます。
私たちのクリニックでは、患者様の歯並びの状態やご希望等を総合的に判断し、最適な治療方法をご提案しています。

インビザライン
  • 精度が非常に高い
  • 歯型の採取は最初の1回のみ
  • 2週間ごとにマウスピース交換
  • 1〜2ヶ月に1回の通院
  • 検査後におおよその治療期間が決まる
他のマウスピース矯正
  • 技工士の手作業により精度にばらつきがある
  • 2週間〜1ヶ月に1回通院して歯型を採取
  • 治療期間の予測が難しい

インビザライン/マウスピース矯正の治療方法について

TREATMENT

インビザライン/マウスピース矯正はアライナーという装置を装着して歯を少しずつ動かして行く治療方法です。
約2週間ごとにアライナーを交換することで徐々に歯並びが整っていきます。

インビザライン/マウスピース矯正の治療方法について

インビザライン/マウスピース矯正と
ワイヤー矯正の違い

COMPARE MOUTHPIECE AND WIRE

インビザライン/マウスピース矯正とワイヤー矯正の違いは装置の形状の違いだけではありません。

インビザライン/マウスピース矯正
  • 目立たず取り外しが可能
  • 虫歯や歯周病のリスクが低い
  • 食事中と歯磨き時以外は装着が必要
  • 装着時の違和感も少なく口腔内を傷つけない
ワイヤー矯正
  • 目立たないブラケットや、歯の裏側にブラケットを装着する裏側矯正など様々な種類がある
  • 装置を付けた直後は痛みやすい
  • マウスピース矯正に比べて虫歯や歯周病のリスクは高い
無料カウンセリングお申し込み
  1. ホーム
  2. インビザライン/マウスピース矯正